​活動記録

​活動内容

元気で長生き!!連続健康講座

1/26 いきがい活動ステーション主催の 「元気で長生き!!連続健康講座」の講師として 理学療法士の松田と健康運動指導士の植杉が担当しました。 全3回の講座で、本日はその1回目でした。 松田からは「NPO法人Needsはどんな活動を行っているのか?」 「フレイル〜運動と栄養の重要性について」2つのテーマを参加者の皆さまにお伝えしました。 植杉は、運動の実践として ①手の運動 ②全身の関節運動 ③筋力トレーニング ④ストレッチ 4つの種類の自宅でできる運動を実施しました。 参加される皆さまの健康づくりに役立てば幸いです。 参加者の皆さま いきがい活動ステーションさま 本日はありがとうございました。 第2回は2月9日(日)10:30〜12:00開催 場所:いきがい活動ステーション また、次回も宜しくお願い致します。

NPO・市民活動の見本市

1/25 北九州市市民活動サポートセンター 主催のNPO・市民活動の見本市 市内に沢山のNPO法人が存在する中 少しだけ皆さんにその紹介をすることを 目的としたイベントです。 少しでも 医療を身近に感じてもらうべく 活動を続ける医療者たちが地域にいることを 知って頂けたら幸いです。 参加者の皆様 市民活動サポートセンター様 関係者各位 ご迷惑をおかけしたところもありましたが 本当にありがとうございました。

気になる子どもの相談カフェ

1/23 昨年度より実施している 北九州市と社会福祉法人もやい聖友会 とNeedsの共同事業。 子どもの発達に関する悩みを どこの誰に相談していけば良いのか わからない。 同じ悩みを気軽に話せる共通の知人が欲しい。 きっかけは様々ですが この日も会場となっている 北九州市八幡西区にある 「銀杏庵」では沢山の笑い声が交差しておりました。 自分と子ども 医療も福祉ももっと自分ごとに捉え 支え合える仕組み作りを目指して。 次回は3月26日13:00からです。 お気軽にお越しくださいませ。

古民家再生、畑開拓プロジェクト

とあるご縁から 始まった古民家再生プロジェクト。 こちらのプロジェクトは まだ、事業と言えるほどのものでは ありませんが スタッフの「やりたい」「楽しそう」という声もあり まずはスタッフの趣味として 活動を開始しております。 詳細はユーチューブなどで更新して行こうかと 思いますので 是非、ご覧ください。 ※上記YouTubeになります。 また、可能であれば チャンネル登録も 宜しくお願い致します。

北九州版engawa

今年最初の 北九州版engawaも始まりました。 直方版engawaもそうですが いつも沢山の方に お越し頂き嬉しく思います。 学生達の 応援を 宜しくお願い致します。

モバイル屋台プロジェクト

モバイル屋台 今年も始まりました!! 先月から ふれあい村竹末という場所を中心に実施 今回も 医療、福祉の相談事をお聞きすることが出来ました。 医療、福祉の資格者が病院や施設だけでなく 地域で活動する仕組み作りに向けて。 来月もまた頑張って行きます。 ※この事業は社会福祉法人もやい聖友会、NPO法人にこり、株式会社ユキマサ、北九ネットとの 共同事業になります。

直方版engawa

2020年最初の学生カフェengawa リピーターの方 新規の方 お足元の悪い中 沢山お越しくださりまして 開始早々にランチは完売となりました。 いつも本当に ありがとうございます。 地域の方が気軽に足を運ぶことが出来る 空間作りを 学生達が頑張っておりますので 今後とも宜しくお願い致します。

げんき塾の役割 と ご挨拶

昨日のげんき塾では 「足部」についてお話しをさせて頂きました。 足部の構造と機能 扁平足になる理由や扁平足になると どのような影響があるかなどをお伝えしました。 現在、げんき塾受講者で条件を満たした方にお渡ししている 【地域健康ケアサポーター】の認定証というのもが あるのですがありがたいことに徐々に 認定証をお持ちの方が増えてきております。 認定証をお持ちの方、受講してくださる方が 徐々に増えておりますので ここで改めて げんき塾が目指す地域での役割を お話ししたいと思います。 目指すべきところは げんき塾に参加した地域の皆さまには 医療・運動に関する情報をお伝えしており その情報を上手く 普段の生活に取り入れていただきたいと思っております。 病気やケガが発生しても 今までなら上手く相談できなかった悩みや 不安を医療従事者へ話すことができるようになることで 納得して治療を選択し進めていくことのお役に立てれば幸いです。 また、自身の身体だけでなく 家族や身近な人にも医療の情報を 正しく共有することで 地域全体の病気やケガに対する理解が深まります。 理解が深まることで病気やケガの予防 治療に関する質の向上(リハビリ的効果)に繋がり 地域全体の健康が高まる一助となるように げんき塾を開催しております。 皆様 今後とも NPO法人Needs、げんき塾を 応援のほど 宜しくお願い致します。

2020年も宜しくお願い致します。

2020年となりました。 皆様 昨年も大変お世話になりました。 本年も宜しくお願い致します。 さて、本年は早速新メンバーが加入しまして Needsとしては賑やかな幕開けとなりました。 医療知識は医療従事者だけのものではなく 正しい知識を持つ人から 持たない人へ広がり 自分でセルフケアできる世の中になれば良いと 思っております。 もちろん 医療機関への受診等 必要なかたはしっかりと 医療機関を利用してもらう必要があります。 そのためにも 自身の状態を把握していく必要がありますし 私たちNeedsは今年も様々な事業を通して皆様に 「医療をもっと身近に」 感じて頂けるように研鑽していきます。

新メンバー加入のお知らせ

この度NPO法人Needsに 新メンバーが加入することになりました。 僕らが目標とする地域医療構築。 途上国支援を実施していくにあたり 必要だと感じていたのは 経験豊かで地域医療を考えることが出来て 同じモチベーションを持つ 「看護師」さんの存在でした。 そして、今回 素敵な看護師さんと 知り合うことができまして これから北九州、そしてカンボジアでも 活動してもらう予定です。 新メンバーが加入して NPO法人Needsは総勢18名となりました。 2020年も 様々な活動を予定しております。 皆様宜しくお願い致します。 ※ 『以下新メンバーからコメント』 はじめまして。 影山由紀と申します。 名古屋で熊本出身の保護犬3頭と 暮らしています。 音楽関係、バーテンダーなどの仕事を経て 看護師になりました。 現在は小児専門病院の心臓病センターに 勤務しています。 以前は、愛知県にある南生協病院で 働いていました。 そこでは、地域の方々の『地域力』の 凄さを学び、総合病院で働きながら 他職種と連携をし、地域密着の継続看護を 実感していました。 転職し地域との関わりに飢えていたところ、南生協病院で一緒に働いていた土屋先生に お声をかけて頂いて縁あってNeedsに 参加できることになりました。 私が医療を目指した原点は、医療どころか 日々生きることさえままならない国で活動していた父の一言でした。 「人々には綺麗な水と医療が必要だ。 俺は井戸を掘る。お前は看護師として 人々の手当てをする。2人で行こう!!」 志半ばで父は亡くなりましたが 小学生の頃から想い続けている夢です。 絶対に実現したいと

アーカイブ
タグ
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon

© 2016

地域医療連繋団.Needs 

Wix.com使って作成されました