なぜ 今『誰もが幸せに暮らせる地域社会』

「医療をもっと身近に」を目指すのか?

これまでの医療は

病気を治す(治療)

に重きをおいた「形」となっていました。
しかし、医療先進国・超高齢大国となった日本では

生活習慣病や障がい、加齢などといった

必ずしも治癒がゴールではない状態が課題となり、

未病(予防)

生活・暮らしを支えること

テーマとなっています。
そのためには、病気という要素だけではなく

○個人の身体・精神の状態

○日々の暮らし・社会背景

○価値観

といったことを総合的に診ることが
今の日本の医療には求められています。

これからの医療に必要なこと

医療を多角的に捉える

医療が目的とするのは

健康/Well-being(幸福)の維持であるが、

それは複合的な要素(身体的・精神的・社会的要素)

から成り、何を大切にしているかも一人一人で違う。

医療者はそれぞれの価値観に寄り添った形で、​

医療を提供しなければならない。

医療を生活の場(川上)にも広げる

人が抱える課題は病院(川下)にはありません。
生活の場(川上)にあります。

病院(川下)で行われている
いわゆる医療従事者(=医師や看護師、薬剤師など)

による医療だけでは限界を迎えています。

これからは

生活の場(川上)みんなで支え合う医療が

必要となっています。

みんなが医療者であるという意識が

必要となっています。

そのために実施していること

◆こどもの頃からの”医療教育”◆

子供達とその保護者の方々へ教室を開いたり
医療職体験を通して子供の頃から
「健康と病気」や「生と死」を
より身近なものとして
一緒に考え、一緒に学びます。

◆地域社会での”医療教育”◆

学校や飲食店など

地域の様々な現場で働く方々に

”医療知識”をお届けし

もしもの時の不安を和らげます。
また地域でどのような「医療知識」が

求められているのかわたしたちも学びます。

各種事業の展開

〜コミュニュティ創りを共に実施していく〜

​⬇︎コミュニュティ創りにより目指すもの⬇︎

                      ①長生きした人が幸せでいられる社会

                ②長生きできなくても幸せでいられる社会

  (もっと言うならば、天寿を全うするという言葉からもわかる様に、寿命は長さではない。)

              ③治せない病気や障がいを抱えた人も幸せでいられる社会


目標

〜自立支援〜

Needsはあくまでサポート役として位置し、

生活の場で、健康を自分ごとして捉え、

自分たちで課題を見つけ、解決のために取り組むことができる仕組みを作る。

各種事業の実施により、人材発掘、育成、知識伝播、場創りをする。

Needs(専門家)が知識の提供を行い、

知識を携えた生活の場で活躍することで

継続的なサイクルを生み出すコミュニティの形成を実現する。

  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon

© 2016

地域医療連繋団.Needs 

Wix.com使って作成されました