全国介護福祉総合フェスティバル

October 1, 2018

 

 

9/29 

第3回目となる
全国介護福祉総合フェスティバルに
法人 代表理事である 伊東が
参加させて頂きまして
「介護×〇〇 二刀流のすヽめ」
で少しだけ話をさせて頂きました。

一緒に 登壇した皆さんは本当に
素敵な方々ばかり。

かんのめぐみ さんは
介護福祉士で シンガーソングライター。
歌詞に込めた想いが素敵で
歌声も綺麗でオープニングコンサートでは
参加者も聞き入っておりました。

大庭 さんは
介護経営 と 人財育成などを考えて
日夜研鑽されているお方。
大庭さんは 一言で表すなら
「福岡の福祉業界を担う存在」です。

クロフネマン は
福祉をエンターテイメントとして
日々展開されております。
皆さんは介護、福祉って
どんなイメージですか?3kですか?
でも生きて死ぬまで
誰もが必ず関わる事柄なんです。
クロフネマン は 介護、福祉の話題を
子供から大人までが楽しく学べる存在です。

そして ファシリテーターの高瀬さん
雰囲気は柔らかいが、数分単位で
時の流れを感じ行動ができる方。
今から
もっと早く激しく流れ行く社会の変化。
それは医療、福祉業界も同じこと。
同じ目標のもと、引っ張ってくれる。
その役割を担える貴重な存在です。

長くなりましたが 今からは
「お互いの個性を大切に、お互いを受け入れ
医療、福祉を良い方向に
進めるべく協力していく。」
これが本当に重要です。

このフェスティバルを終えて
福岡県の医療、福祉が
もっともっと 誰しもに良きものになればと
思います。
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグ