安心しんわのまちづくり

3.11 多くの人が震災について 思い返し、考える この日 北九州市における防災についてを 話し合うミーティングに参加させて 頂きました。 参加者は学生から消防、教育関係など 様々でした。 主催者である入門真生さんは 防災を難しく捉えて欲しくない 自分自身に起こりうる身近な問題として 参加者主体の意識向上を促しました。 感想としては 「多種多様な人との繋がりで自分達に出来ないことは手を取り合い支え合うことの大切さを再確認する機会となった。 また、そこから緊急時に向けて今から出来ることを一歩ずつ実行していきたい」 とより一層思いました。 医療も防災も予防が大切 共通点はいくつもあります。 日頃から地域に足を運んで 出来る事を確実に実施、準備していきます。 お誘い頂きました入門さん そしてミーティングに際し出会いました皆様 貴重な学びをありがとうございました! 

お知らせ
アーカイブ
タグ
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon

© 2016

地域医療連繋団.Needs 

Wix.com使って作成されました