暮らしの保健室in若松

健康や介護などの悩みを気軽に相談できる。 そんな場所、地域にあったら素敵ですよね。 僕らが拠点とする北九州市 にはそれがあります。 元々、東京新宿区で 訪問看護をしていた杉本 みぎわさんが北九州市に移り住むことになり、そのノウハウを活かして昨年10月に若松区にオープンされました。 暮らしの保健室 理念は 住み慣れた地域で過ごせるように 地域で育み、守り、見送ること。 僕らの理念は 地域も病院となり得る社会 皆が笑顔で過ごせる地域、社会創り 向かうベクトルは 同じだと感じました。 僕らが来年度から始める新規事業3つ。 保健室さんがやろうとしていること。 それらを共に支え合いながら 実施し、協働して 課題が山積みであるこの地で 皆が過ごしやすい地域創りを目指せれば とお話しさせて頂きました。 杉本さん、暮らしの保健室様 出逢いに感謝します。 来年も走り続けます故 宜しくお願い致します! ※写真にあります、映画ケアニンにつきましては 1/7若松市民センターにて上映会を実施されるようです。ご興味のある方はご一報下さい。 

お知らせ
アーカイブ
タグ
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon

© 2016

地域医療連繋団.Needs 

Wix.com使って作成されました