人生の再出発



3年前まで、一人で何でもできるようになることが自立だと考えていた私は、何でも挑戦し、夢を語り、時間が足りないほどだった。そして、そんな自分に幸せを感じていた。



だが、私の幸せの価値観は、この3年間で大きく変わった。


海外で働き、海外での生活を体験し、そこで交通事故に遭遇。緊急搬送され、日本に戻った。



4ヶ月の入院をし、リハビリをし、そして体に後遺症が残った。


毎日、朝起きるたびに回復していることを願い、体に問いかけた。



だが、どんなにもがいても、どんなに悔しんでも昔の体には戻れない。



当たり前の生活を送ることができない。昔のことが思い出せない。



命に感謝して、どうにかこの悔しさから逃れていた入院生活。

でも、長い人生がまだ待っている。それならば、この体を運命として受け入れ、生きていく覚悟をするしかない。神様に生かされた命なのだから。


私の体が昔の状態ではない今、人の手を借りて初めて安心した生活を送ることができる。

そう思えた瞬間、今までとは違う世界が見えてきた。


周りで私をサポートしてくれている人々の姿、そして笑顔。

家族、親戚、友人、皆が私のことを考え、動いてくれている。

そして、周りの方々のおかげで、笑顔になり勇気をもらっている。

幸せがそこにあった。

昔を思い出すと、今の自分自身との違いに気付く。

やりたいことをやり続けてきた20代。夢や理想を語っていただけで、周りの方々のことは、考えているようで本気で向き合っていなかったのかもしれない。

今思えば、あの頃が恥ずかしくなる。

こんなに私の周りには支えてくれる方々がいるのに、私はその方々へ何もできていない。

30代に入った今、これから大事にしたいことに出会い、そして、気付かせてもらった。


あの時、即死で日本へ帰ってくることができなかったかもしれない命。


後遺症は残っても、歩けず、記憶を無くしていたあの時から考えると、ここまで回復させてもらえた。


家族や大切な方々を泣かせ、沢山不安にさせてしまった。


周りの方々をこれ以上悲しませてはいけない。

ここからは、周りの方々のサポートをし、私の恩を返していこう。



そして、生かされた命を無駄にしない生き方をしよう。苦しんだ日々に恥じない生き方をしよう。



あの事故に後悔を持ち続ける人生ではなく、前を向いてこれからの人生を強く歩んでいこう。



そう思えることが、幸せだと感じる人生を送ろう。


ここからが、私の人生の再出発です。



松川 梓沙


お知らせ
アーカイブ
タグ
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon

© 2016

地域医療連繋団.Needs 

Wix.com使って作成されました